お問合せ
TOP>共同物流センターの運営/流通加工サービス>山梨(甲府)物流センター(食品)
 
山梨物流センターでは、メーカー向けの共同配送センターを運営しております。
工場で生産された商品をパレットへ積載した時点で集荷させていただき、その後の保管・伝票出力・発送を対応するものです。 リードタイムは、集荷した当日に出荷することを前提としています。
また、配送費を安価に抑える為に、配送する地域ごとに得意な配送業者を選定し、配送する仕組みを構築いたします。

※ 次の事例は よっちゃん食品工業株式会社 様にご協力いただきました。
物流センターの特徴

● 1日当たりの出荷量が増加
欠品を防ぐための十分な在庫を保管するスペースが足りない。
閑散期・繁忙期に合わせた人員を配置することが難しい。

● 納品先ごとの指定配送業者管理が複雑
配送地域により最適な運送会社を選択したい。
配送会社ごとの伝票、及び、納品書付け合せが複雑。

● 商品の開発・生産に専念できない
伝票・納品書出力業務を委託したい。

● 物流費を抑えたい
低コスト・高品質な配送を目指したい。
物流付帯作業に関る費用も見直したい。

物流倉庫の紹介
物流倉庫の紹介
物流センターの機能
 ▽ 工場側の業務範囲 :生産
 ▽ ネットロック側の業務範囲:保管・梱包・納品書及び配送伝票出力・問合せ対応
工場側メリット
共同物流センター概要
配送サービス概要
・生産能力向上
保管商品移動によ る空き スペースの有効活用
・生産業務への集中(欠品の削減)
生産業務に特化した作業スケジュールの組立て
・納品書・配送伝票出力
納品書・配送伝票 の 出力代行
・保管機能の提供
商品の保管・バンドル作業代行
・複数配送会社体制
地域・納品先に合わせた配送会社の設定
・問合せ代行
物流問合せ業務代行
物流最適化イメージ

物流センターの施設紹介
 @ 納品先・納品地に合わせた複数配送会社体制
 A 管理システムと連動した物流管理システム
 B 共同物流センターによる保管・梱包・事務作業
ネットロックはお客様の環境に合わせた物流システムを提案致します。

 
 
輸配送支援(配車マスター)
スマートフォンによる輸配送管理(クラウドサービス)
極麦(kiwamugi)の開発
自社ブランド商品(第3の ビール)の販売
FC店舗一括管理
複数の店舗・倉庫を一括管
理 (受発注・在庫)
積付の自動計算
3D描画による積載効率最大
化をシステムにて実現
タイにおける取組み
日本企業のタイへの進出を
サポート
 
個人情報保護方針物流用語集
お問合せ:03-5798-4322
Copyrightc共同物流のNETLOC CO.,LTD.All Rights Reserved.