ネットロック株式会社

TOP > 物流改革・コスト分析

物流改革・コスト分析

お客様の物流部の一員として活躍・機能

お客様の物流部の一員として活躍・機能 お客様(企業)の物流統括部門として、 物流全ての総合窓口としての機能だけではなく、 それに伴う人員削減、拠点整備、物流効率向上に対して貪欲に取り組んでいます。

人員削減、拠点整備、物流効率向上等、お客様がお困りの内容をヒアリングさせていただき、 物流コンサルティングによる物流改革の道筋を提案いたします。

【弊社の役割】
・管理・製造部門との密な情報交換
・各部門間を串刺しにした情報統合
(部門間の壁をなくし情報集中化)
・それによる物流コーディネイト
・生産 ・物流の進捗管理
・改革目標の提言、実行

物流業務のアウトソーシング(構築・運用)

企業の物流を診断し、さらに効率的なロジスティクスを提案していく。
これが私たちネットロックの仕事です。
搬送や在庫管理など輸送に関わる様々な業務を分析し、よりローコストで合理的な物流システムを提供いたします。
輸送業務に精通した私たちが第三者的な立場で介在することで、配送や保管はもとより、モノの流れに情報をプラスした機能一体型のシステム構築を可能にしました。
サード・パーティ・ロジスティクス(3PL)と呼ばれる革新的な物流システムのリーダーカンパニーとして、いま新たなソリューションを提案いたします。

ネットロックでは、仕入先を視野に入れた全体物流の見直しから部分最適化まで、お客様(企業)のニーズに合わせた提案を致しております。
お困りの内容、及び物流状況をヒアリングさせていただく必要がございますので、お気軽にお問合せください。

物流業務の改善手法

物流業務のアウトソーシングを成功させるには、業務改善の流れをサイクル化し、それを繰り返すことです。
まず、運用開始後に評価を行い、計画された物流コスト削減目標や物流サービス水準が達成されているか、達成されていなければどこに問題があるかを検証します。
そして、差異のあったPLAN(計画) → DO(実施) → CHECK(評価) → ACTION(見直し)のサイクルを日常化するのです。

このサイクルの中で、お客様にとって使いやすい方法で、できるだけ領域を広く、そして継続的にコストを把握する仕組みをつくる。これが当社における物流業務の改善手法です。

PLAN(計画) → DO(実施)で終わることなく、CHECK(評価) → ACTION(見直し)までを実行することで、はじめて計画通りに物流業務を進めていくことが可能になります。

ステータス PLAN(実施) ACTION(見直し) CHECK(評価)
DO(実績)
戦略立案
  • 改善方針の設定
  • サービス水準の設定
  • コスト水準の設定
  • 担当者間の調整
  • 目標の再設定
 
プランニング
  • 各種指標の把握
  • 保管量の把握
  • 輸配送プラン作成
  • 作業プラン作成
  • 情報システムの導入検討
  • 費用と予算作成
  • 評価指標との差異分析
  • 物流コスの差異分析
  • 予算と実績の差異分析
運用改善
  • 人員計画
  • 車両手配計画
  • 作業戦力の計画
  • 作業マニュアル作成
  • 付加サービス追加
  • 作業費用、運賃の見直し
  • 資材・配送業者の再設定
  • コスト実績把握
  • サービス実績把握
 
ネットロック株式会社
Corporate Document
会社案内2016
(PDF:18MB)
事業内容
受発注管理システム(複数店舗管理)
メーカー直送管理(複数運送会社対応)
受発注・インボイス自動作成システム
【輸配送クラウド版】配車マスター
流通サービス(グローバル物流)
進出企業サポート(タイ)